ドライクリーニング料金の底知れず? クリーニング代にまつわる謎を解き明かす

query_builder 2024/03/22 クリーニング
この記事では、ドライクリーニング料金について詳しく解説します。価格に影響する要素、衣料品ごとの相場、どのようにして選ぶべきか、そして、ドライクリーニングに行かずに済む方法など、様々な角度から掘り下げていきます。

クリーニングエイトドライ 本店工場

ロゴ

長い経験と高度な技術を活用し、複雑なシミや汚れに対処するクリーニングサービスを展開しています。スタッフは各種衣服に最適な方法で汚れを取り除き、素材を傷めることなく長崎にてお手入れいたします。

本店工場
住所:

〒856-0818

長崎県大村市今津町690-4

電話番号:
0957-53-2116

ドライクリーニング料金って何に影響されるの?

クリーニングに出す衣類の種類や素材、加工方法などによって、ドライクリーニングの料金は大きく変わることがあります。

衣類の種類や量が影響する?

ドライクリーニングの料金は、衣類の種類や量によって影響を受けることがあります。例えば、ドライクリーニングに出す衣類の種類によって、料金が異なることがあります。一般的な洋服やシャツなどは比較的安価にクリーニングできる場合が多いですが、特殊な素材やデザインの衣類、またはデリケートなアイテムは料金が高くなることがあります。さらに、衣類の量や重さによってもクリーニング料金が変わることがあります。たくさんの衣類を一度にクリーニングに出す場合は、一着ずつクリーニングするよりも割安になることがあります。つまり、衣類の種類や量を考慮することで、ドライクリーニングの料金を抑えることができるのです。ただし、衣類の素材や特徴によっては、安いクリーニング店を選ぶと品質に問題が生じる恐れもあるため、料金だけで選ぶのではなく、クオリティも見極めることが重要です。

加工方法による違い

一方、ドライクリーニング料金は衣類の加工方法によっても異なることがあります。例えば、シミ抜きやしわ伸ばし、または特殊な加工が必要な衣類は、通常のクリーニングよりも料金が高くなることがあります。これは、専門的な技術や特殊な処理が必要なためです。加えて、衣類の加工方法によっては、クリーニングプロセスが繊細になることがあります。例えば、手洗いや手仕上げが必要な衣類は、作業に時間と手間がかかるため料金が高くなることがあります。こうした加工方法による料金の違いは、品質や仕上がりに直結するため、安易に料金だけで選ばず、クリーニング店の信頼性や技術力も考慮することが重要です。加工方法によっては、クリーニング代が高い場合でも、衣類の寿命を延ばすためには価値があるかもしれません。衣類の種類や加工方法を理解し、適切なクリーニング方法を選ぶことで、より長く愛着を持って使える衣類を手に入れることができるでしょう。

衣料品ごとの相場は?

一般的な洋服や特別なアイテムごとに、ドライクリーニングの料金の相場をざっくりとご紹介します。

普段着のクリーニング料金

普段着のクリーニング料金についてご紹介しましょう。一般的な洋服や普段よく着るアイテムのクリーニング料金は、比較的手頃な価格帯になることが多いです。例えば、シャツやパンツ、スカートなどの基本的な衣類は、一着あたり数百円から千円程度でクリーニングすることができます。

ただし、特定のデザインやデリケートな素材を含む場合は、料金が上昇することがあります。また、生地の種類や処理方法に応じて料金が変動することもあります。例えば、ウールやシルクなどの高級素材や、ビーズやレースなどの繊細な装飾がある衣類は、クリーニングに特殊な技術が必要となるため、通常の洋服よりも高い料金が設定されることがあります。

また、クリーニング店によっても料金が異なることがあります。一部の店舗では割引サービスや会員特典を提供している場合もありますので、それらの情報を事前に確認することで、より経済的にクリーニングを利用することができます。

普段着のクリーニング料金は、一般的には手頃な価格帯になりますが、衣類の素材やデザインによっては料金が変動することがあるため、確認しておくことが重要です。クリーニング店の料金設定やサービス内容を比較検討し、自身の予算やニーズに合ったクリーニング店を選ぶことで、経済的かつ品質の高いクリーニングを受けることができるでしょう。

特別な衣料品のクリーニング料金

特別な衣料品のクリーニング料金についてご紹介します。フォーマルウェアや特別な素材の衣類、大掛かりなアイテムなどは通常の洋服と比較して料金が高めに設定されることがあります。

まず、フォーマルウェアとしてよく知られるドレスやタキシードなどは、特別な取り扱いが必要なため、その分料金が高くなることがあります。これらの衣類はデザインが複雑であり、クリーニングには手間と時間がかかるため、通常の洋服よりも高い料金が設定される傾向があります。

また、特別な素材の衣類もクリーニング料金が高くなることがあります。例えば、シルクやカシミアなどの高級な素材は繊細で取り扱いが難しいため、クリーニングには特別な注意が必要です。そのため、通常の洋服よりも高い料金が設定されることがあります。

さらに、大掛かりなアイテムのクリーニング料金も高めになることがあります。例えば、コートや布団、カーペットなどはサイズが大きく、クリーニングにはスペースや機械の特殊な処理が必要です。そのため、通常の洋服よりも高い料金が設定されることがあります。

ただし、特別な衣料品のクリーニング料金は、品質や仕上がりに直結するため、安易に料金だけで選ばず、クリーニング店の信頼性や技術力も考慮することが重要です。また、一部のクリーニング店では特殊なアイテムや素材に対する専門的なクリーニングサービスを提供している場合もありますので、それらの情報を調べて比較することで、適切なクリーニング店を選ぶことができます。

特別な衣料品のクリーニング料金は一般的な洋服と比較して高めになることがありますが、その分衣類を適切に取り扱い、品質を守るために必要な料金とも言えます。自分の大切な衣料品を信頼できるクリーニング店に頼んで、長く使い続けるためのメンテナンスを行いましょう。

自分に合ったクリーニング店選び

多くのクリーニング店が存在しますが、各店舗の特徴を理解し、自分のライフスタイルや衣類の性質に合ったクリーニング店を選ぶことが大切です。

店舗の特徴を理解しよう

クリーニング店を選ぶ際には、各店舗の特徴を理解することが重要です。なぜなら、クリーニング店にはそれぞれ異なるサービスや特徴があり、自身の衣類やライフスタイルに合った店舗を選ぶことが理想的だからです。

まず、一部のクリーニング店では特殊な加工や素材専用のクリーニングを行っている場合があります。例えば、防水加工や防縮加工など、特定の処理が必要な衣類に対応している店舗もあります。これらの特殊な加工や処理は、衣類の品質や耐久性を高めるために必要なものです。

また、一部のクリーニング店では、特定のアイテムに特化したサービスを提供していることもあります。例えば、ウェディングドレスやファー、革製品など、専門的な知識と技術が必要な衣類やアイテムに特化したクリーニングを行う店舗も存在します。これらの店舗は、その分野において高い品質と信頼性を持っていることが多いです。

また、一部のクリーニング店では、クリーニング料金に含まれるサービスやオプションに特長を持っている場合もあります。例えば、無料のピックアップ&デリバリーサービスや、コンシェルジュサービスなど、利便性やサービスの質を高める取り組みを行っている店舗もあります。これらのサービスやオプションは、忙しい方や交通の便が悪い方にとって、利用価値が高いものです。

クリーニング店を選ぶ際は、料金だけでなく店舗の特徴やサービス内容も注目しましょう。自分の衣類の特性やメンテナンスのニーズに合った店舗を選ぶことで、より良いサービスを受けることができます。

価格だけで選別しない

クリーニング店を選ぶ際には、価格だけで選別することは避けるべきです。なぜなら、料金だけに注目すると、品質やサービスの面で問題が生じる可能性があるからです。

まず、安い価格のクリーニング店を選ぶ場合には、品質に問題が生じる可能性があります。安い料金を提供するために、クリーニングプロセスや使用する洗剤の質が低下している可能性があります。これによって、衣類のクリーニング効果が十分でなかったり、穴や色あせなどの損傷が生じたりすることもあります。品質の低下は、衣類の寿命を短くし、結果的には節約ではなく損失に繋がることもあります。

また、クリーニング店には技術力の差があります。安い料金を提供する一方で、スタッフの技術力や経験が不足しているクリーニング店も存在します。洋服や衣類はデリケートであり、適切な処理が必要です。技術的なミスや不適切な操作は、衣類に損傷を与える可能性があります。そのため、料金だけでなく、クリーニング店の信頼性や技術力も考慮することが重要です。

さらに、価格だけを追求することで、サービスの質や利便性が犠牲になることもあります。例えば、待ち時間が長い、修理やアレンジの対応ができない、店舗の立地が不便などの問題が生じる可能性があります。これらの要素も、クリーニング店を選ぶ上で重要なポイントとなります。

したがって、クリーニング店を選ぶ際には、料金だけでなく品質、技術力、サービス内容、利便性などを総合的に考慮することが必要です。安くクリーニングをすることも大切ですが、品質や保護、お気に入りの衣類のメンテナンスを考えると、信頼できるクリーニング店を選ぶことが重要です。

クリーニングに出すべき衣類、出さないべき衣類

一部では、クリーニングに出すべきでない衣類や、自宅で洗濯可能な衣類もあることを知っていますか?ここでは、それらの衣類を具体的に紹介します。

クリーニングに出すべき衣類

クリーニングに出すべき衣類には、特にドライクリーニングが適している衣類や自宅洗濯に困難がある衣類があります。ここでは、それらの衣類を具体的に紹介します。

まず、ドライクリーニングが適している衣類としては、ウール製品やデリケートな素材の衣類が挙げられます。ウールは水に弱く、自宅の洗濯機では適切なクリーニングが難しいため、専門的なドライクリーニングが必要です。また、シルクやカシミアなどのデリケートな素材も同様に、水での洗濯が適していないため、クリーニング専門店での処理が必要です。

また、自宅で洗濯が困難な衣類としては、特殊な加工や装飾のある衣類が挙げられます。例えば、ビーズやレースのついたドレスや、刺繍やプリントのあるシャツなどは、手洗いや機械洗いでは繊細な加工が損なわれる可能性があるため、クリーニング専門店での処理がおすすめです。また、防水や撥水加工が施されたジャケットやコートも、専門的な処理が必要です。

ドライクリーニングは、洗濯機や水を使わずに特殊な溶剤を使って衣類をクリーニングする方法です。このため、水に弱い素材や特殊な加工が施された衣類は、クリーニング専門店での処理が必要となります。

クリーニングに出すべき衣類は、衣類の寿命を延ばし、より長く愛用するために重要です。素材の特性や加工の種類を考慮し、適切なクリーニング方法を選ぶことで、衣類を美しく保ちながら長く使い続けることができるでしょう。

自宅洗濯可能な衣類

一方、自宅で洗濯可能な衣類もあります。これらの衣類は、専用の洗濯表示がある場合や素材の特性によって、自宅の洗濯機や手洗いで簡単に洗濯することができます。

例えば、綿やポリエステルなどの丈夫な素材の衣類は、一般的に自宅で洗濯可能です。これらの素材は洗濯機での水洗いにも耐えるため、手軽に洗濯することができます。また、Tシャツやジーパンなどのカジュアルなアイテムも自宅で洗濯できることが多いです。

また、一部のクリーニング対応の表示がない衣類でも、手洗いでの洗濯が可能な場合もあります。例えば、柔らかい素材やデザインのある衣類は、手洗いが適しています。手洗いは、繊細な衣類を優しく扱うことができ、衣類の形や質感をキープすることができます。

自宅での洗濯ができる衣類は、クリーニング代を節約する上でも一役買います。また、自宅での洗濯は時間や手間を削減することができます。ただし、衣類の洗濯表示や特性に注意し、適切な洗濯方法を守ることが重要です。間違った洗濯方法を取ると、衣類が収縮したり変形したりする可能性があるため、注意が必要です。

自宅で洗濯可能な衣類は、日常的に使うアイテムやカジュアルな衣類が中心です。衣類の取り扱いの難しい特殊な素材やデザインのある衣類については、ドライクリーニングを利用することがおすすめです。衣類の洗濯方法を正しく理解し、適切にメンテナンスすることで、節約にも繋がりながら衣類を美しく保つことができます。

ドライクリーニング予算の節約術

ドライクリーニング代が嵩む方に朗報!クリーニング代を節約する秘策をご紹介します。

会員制度や割引サービスを活用する

ドライクリーニング代を節約するためには、会員制度や割引サービスを活用することが有効です。一部のクリーニング店では、定期的な割引サービスや会員特典を用意しており、これらを上手に活用することで、同じサービスでも料金を抑えることが可能です。

まず、会員制度を活用することで、特別な割引や特典を受けることができます。会員になると、クリーニング代の割引やポイントサービス、優先的な受付、特別なサービスの提供などが受けられることがあります。また、一定期間ごとに会員特典が提供されることもありますので、会員になることで節約効果を最大限に引き出すことができます。

割引サービスもクリーニング代を抑えるために有効な手段です。一部のクリーニング店では、週間や月間の特別な割引セールを実施していたり、特定の曜日や時間帯に料金が安くなるサービスを提供していることがあります。これらの割引サービスをチェックし、お得なタイミングを利用することで、料金を節約することができます。

ただし、会員制度や割引サービスを活用する際には、注意点もあります。まず、会員制度には入会費や年会費がかかる場合もあるため、それを考慮してメリットとデメリットを比較することが大切です。また、割引サービスは特定の期間や条件が設けられていることがありますので、利用する際には注意が必要です。

会員制度や割引サービスを活用することで、ドライクリーニング代を節約することができます。定期的な割引や特典を受けることで、クリーニング代を抑えながらも品質の高いサービスを受けることができます。クリーニング店のウェブサイトやチラシ、SNSなどで情報をチェックし、お得な情報をキャッチすることで、賢く利用することができます。

まとめてクリーニングに出す

ドライクリーニング代を節約するもう一つの方法として、まとめて衣類をクリーニングに出すことが挙げられます。一度にまとめて衣類をクリーニングに出すことで、多少なりとも割引が適用される場合があります。

まず、まとめて衣類をクリーニングに出すことによる節約効果は、クリーニング店によって異なりますが、一般的には量が増えるほど割引率が高くなる傾向があります。つまり、一着ずつクリーニングするよりも、まとめてクリーニングすることで合計金額を抑えることができます。また、定期的にまとめてクリーニングすることで、クリーニング代を一度にまとめて支払う手間や時間を節約することもできます。

ただし、まとめてクリーニングする際にはいくつかのポイントに注意する必要があります。まず、衣類の種類や素材、処理方法によってクリーニングの適切な方法や温度が異なるため、注意が必要です。また、衣類同士が擦れ合わないように適切にパッケージングし、クリーニング店の指示に従って衣類をまとめることも重要です。

さらに、クリーニング店の政策やキャンペーンを確認することもおすすめです。特に割引や特典が提供される特定の期間や曜日、またはまとめてクリーニングする場合に適用される割引ルールなどを把握することで、より効果的な節約が可能です。

まとめて衣類をクリーニングに出すことで、一度にまとまった金額を支払うことになりますが、クリーニング代を割り引いて節約できるメリットもあります。クリーニングの頻度や必要な衣類の数を考慮し、賢くまとめてクリーニングすることで、経済的にクリーニングを利用することができます。

自分でできるクリーニングの基礎知識

日々の衣類メンテナンスも重要です。自分で簡単に出来る手入れ方法も合わせて紹介します。

頻繁に洗うべき衣類

頻繁に洗うべき衣類には、日頃の生活で特に汚れやすい衣類や、衛生的な理由から頻繁に洗濯する必要がある衣類があります。ここでは、その一部を紹介します。

まず、日常的に使用するアンダーウェアや靴下は、頻繁に洗うべき衣類の一つです。これらの衣類は肌に密着しているため、汗や皮脂、菌などが付着しやすくなります。衛生面を考慮して、毎日の使用後に洗濯することが重要です。

また、汗をたくさんかくスポーツウェアやジムウェアも、頻繁に洗濯する必要があります。これらの衣類は運動時に大量の汗をかくため、汗中の塩分や酸性の汗が生地に吸収され、雑菌の繁殖を促す恐れがあります。毎回の使用後に早めに洗濯することで、衣類の清潔さと耐久性を保つことができます。

さらに、汚れやニオイの気になるシャツやブラウス、タオルなども頻繁に洗うべき衣類です。これらの衣類は日常生活で直接皮膚に触れることが多く、汗や皮脂、化粧品の付着などで汚れが蓄積しやすくなります。衣類の清潔さを保つためには、頻繁な洗濯が必要です。

また、仕事用の制服や医療用の衣類など、特定の環境での使用が求められる衣類も頻繁に洗うべきです。これらの衣類は職場や医療現場での使用によって、汚れや菌が付着する恐れがあります。定期的かつ適切な洗濯を行うことで、衛生面を保つことができます。

頻繁に洗うべき衣類は、日々の生活で密着し汚れや菌の付着が多い衣類です。これらの衣類を頻繁に洗濯することで、衣類の清潔さと耐久性を保つことができます。洗濯時には適切な洗剤や処理方法を使用し、衣類の素材や洗濯表示に注意しながら洗濯することが重要です。

自宅での手入れ方法

自宅でも簡単にできる衣類の手入れ方法を紹介します。自宅での手入れは、洗濯や乾燥機だけでなく、衣類の管理やお手入れ方法にも役立ちます。

まず、衣類の洗濯時には洗濯表示をよく確認し、適切な洗濯方法を選びましょう。洗濯機を使用する場合は、衣類の分類や色の混ざらないように注意し、適切な洗剤を使って洗濯します。また、手洗いが必要な衣類は、柔らかい洗剤を使い、押し洗いや軽く絞る程度の優しい洗い方を心掛けましょう。

衣類の乾燥方法も重要です。自宅での乾燥は、日陰に干すか、風通しの良い場所で干すことがポイントです。また、衣類が洗濯機で乾燥可能な場合は、乾燥機を使用することもできますが、適切な温度設定や衣類の種類を確認しましょう。

衣類の保管方法も大切です。衣類をしまう前には、清潔で乾いた状態になっていることを確認しましょう。また、シワや形が崩れないようにたたんで保管するか、ハンガーにかけることで形を保つことができます。特にデリケートな衣類は、風合いを保つために衣類袋に入れて保管すると良いでしょう。

さらに、衣類のシミやニオイ対策には、日常的なケアが重要です。シミがついた場合は、早めに処理することが大切です。シミに適した洗剤や素材に合わせた方法を使用し、固くこすらずに優しく処理しましょう。また、衣類にニオイが残った場合は、ハンガーに吊るして換気するか、衣類にニオイ消しスプレーや脱臭剤を使うことで解決できます。

自宅での手入れ方法を上手に活用することで、クリーニングに出す頻度や数量を抑えることができます。しかし、衣類の素材や特性によっては、専門的なケアが必要な場合もありますので、その場合はクリーニング専門店に相談することをおすすめします。

「宅配クリーニング」ってどうなの?

現代には便利な「宅配クリーニング」があります。そのメリットとデメリット、利用する際の注意点を紹介します。

宅配クリーニングのメリットとデメリット

宅配クリーニングは、便利なサービスとして人気を集めていますが、メリットとデメリットが存在します。まずは、宅配クリーニングのメリットについてご紹介しましょう。

一つ目のメリットは、手軽さと便利さです。宅配クリーニングでは、自宅にいながらにして衣類を集荷してくれるため、店舗への出向きや時間の確保が不要です。また、自宅やオフィスから集荷・配送が行われるため、移動の手間や時間を節約することができます。

二つ目のメリットは、品質の保証と信頼性です。宅配クリーニングは、一部の店舗が自社で処理するケースもあり、品質管理が徹底されています。また、信頼できる宅配クリーニング業者は、専門知識を持ったスタッフが仕上げるため、高品質なクリーニングが期待できます。

三つ目のメリットは、幅広いサービス対応です。宅配クリーニングでは、ドライクリーニングだけでなく、シミ抜きや修理、アイロン仕上げなどのオプションサービスも利用することができます。これにより、より完璧なクリーニングやメンテナンスが受けられます。

一方、宅配クリーニングのデメリットも考慮する必要があります。

一つ目のデメリットは、直接の対応がないことです。実店舗と異なり、衣類を直接店舗に持ち込むことができないため、相談や細かい要望に対する即時の対応が難しい場合があります。

二つ目のデメリットは、時間の制約があることです。宅配クリーニングでは、集荷や配送のスケジュールに合わせる必要があります。また、郵便事情や天候によって、予定通りの配送が行われないことも考慮しなければなりません。

三つ目のデメリットは、料金が若干高い場合があることです。宅配クリーニング業者によっては、便利さやサービス範囲を反映して料金が設定されているため、一般的なクリーニング店よりも若干高いこともあります。

宅配クリーニングのメリットとデメリットをバランスよく考え、自身のニーズに合った利用方法を選ぶことが重要です。自宅やオフィスから利用できる手軽さと、品質の保証を重視する方にとっては、宅配クリーニングは便利な選択肢となるでしょう。

正しく利用するための注意点

宅配クリーニングを正しく利用するためには、いくつかの注意点に留意することが重要です。

まず一つ目の注意点は、信頼できる宅配クリーニング業者を選ぶことです。宅配クリーニング業者は様々な選択肢がありますので、口コミや評価などを参考にして信頼性の高い業者を選びましょう。信頼できる業者は品質管理や迅速な対応に力を入れており、安心して利用することができます。

二つ目の注意点は、衣類の管理と梱包の仕方です。衣類を宅配する際には、衣類が損傷しないよう丁寧に梱包することが重要です。特にデリケートな素材や装飾のある衣類は、衣類袋やクリーニング袋に入れるなどして保護しましょう。また、明確なクリーニング指示や必要事項を明記して業者に伝えることも大切です。

三つ目の注意点は、納期やトラブル時の対応についてです。納期や集荷・配送のスケジュールを確認し、自身の予定と調整することが重要です。また、万が一クリーニング過程でトラブルが発生した場合には、迅速に対応してもらえる体制が整っているか確認することも必要です。

最後に、料金や支払い方法にも注意を払いましょう。宅配クリーニング業者によっては追加料金やオプションサービス、配送手数料などが発生することがありますので、料金体系を事前に確認しておくことが重要です。また、支払い方法やキャンセルポリシーにも目を通し、自身の予算や都合に合わせて選ぶことが大切です。

宅配クリーニングを正しく利用するためには、信頼性のある業者の選択や衣類の管理、納期や料金に留意することが重要です。適切な準備と注意を行いながら、便利な宅配クリーニングサービスを利用しましょう。

最後に:クリーニングで気持ちもリフレッシュ!

きちんとした衣類メンテナンスは、見た目だけでなく心地よさも大いに関係します。ドライクリーニング料金も理解し、賢い衣類管理を行いましょう。

清潔な衣類で素敵な日々を

清潔な衣類は、素敵な日々を送るために重要な要素です。衣類には私たちの印象や気分に大きな影響を与える力があります。

まず、清潔な衣類は自己表現や自信を高める助けとなります。清潔な衣類は第一印象を左右し、周りの人々に良い印象を与えることができます。また、清潔な衣類を身に着けることで、自信を持って日常生活や社会活動に取り組むことができます。

さらに、清潔な衣類は健康や衛生面でも重要です。汚れた衣類は雑菌やアレルゲンの繁殖源となり、肌トラブルやアレルギーの原因となる恐れがあります。定期的なクリーニングや洗濯によって衣類を清潔に保つことは、健康維持や快適な日常生活にとって欠かせません。

また、清潔な衣類は衣類自体の寿命を延ばす効果もあります。汚れやシミがこびりついたままの衣類は、素材や繊維を徐々に傷めてしまいます。定期的なクリーニングによって汚れを落とし、衣類の状態を良好に保つことで、長く愛着を持って使い続けることができます。

清潔な衣類を保つためには、定期的なクリーニングや洗濯、適切な保管が重要です。衣類の洗濯表示や品質に合わせた方法で洗濯し、汚れやシミには早めに対処しましょう。また、クリーニング店の信頼性や適切な洗濯剤の選択も意識することが大切です。

清潔な衣類は、自己の気持ちや周りの人々に良い影響を与えます。日々の衣類のケアやメンテナンスを通じて、清潔さを保ち、素敵な日々を過ごしていきましょう。

クリーニング代と労力のバランス

クリーニング代と労力のバランスを考えることも重要です。自分で衣類をクリーニングすることは節約になりますが、手間や時間がかかる場合もあります。一方、クリーニング店に頼むと手間は省けますが、料金が発生します。自分自身のライフスタイルや時間の使い方、クリーニングを行う衣類の種類や頻度などを考慮し、クリーニング代と労力のバランスを取りながら最適な選択をすることで、快適な衣類管理ができるでしょう。自分に合った方法を見つけ、賢くクリーニングを活用しましょう。

クリーニングエイトドライ 本店工場

ロゴ

長い経験と高度な技術を活用し、複雑なシミや汚れに対処するクリーニングサービスを展開しています。スタッフは各種衣服に最適な方法で汚れを取り除き、素材を傷めることなく長崎にてお手入れいたします。

本店工場

〒856-0818

長崎県大村市今津町690-4